1 ムヒタ ★ 2020/07/21(火) 07:59:01.26

【シリコンバレー=佐藤浩実】米IBMは20日、2020年4~6月期の売上高が前年同期比5%減の181億2300万ドル(約1兆9400億円)だったと発表した。減収は2四半期連続。クラウド関連事業は伸びたものの、新型コロナウイルスの影響で企業が経費を絞ったため保守やコンサルティングが低調だった。純利益は46%減の13億6100万ドルだった。

クラウド関連の売上高は30%増の63億ドルだった。自前のデータセンターとクラウドを組み合わせて利用する顧客が多いという。一方で、企業のIT(情報技術)導入を支援するコンサルティングサービスや保守事業は前年同期の売り上げの水準に達しなかった。

IBMによれば、顧客企業の間で「投資回収に時間がかかるプロジェクトや、緊急性の低い新規案件の優先順位を下げる傾向がある」という。新型コロナの収束時期が見えず、新たな投資に対して慎重になっている。

ただ、IBMの4~6月期売上高は事前の市場予想(177億ドル)を上回ったため、20日の時間外取引では終値を上回って推移している。
2020/7/21 7:17
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61757760R20C20A7000000/

3 名刺は切らしておりまして 2020/07/21(火) 08:24:43.15

よぉ、スルガちゃん。

7 名刺は切らしておりまして 2020/07/21(火) 10:16:58.25

>>4
それ言い出したらアマゾンは元は吹けば飛びそうなインターネット書店という話だぞ

9 名刺は切らしておりまして 2020/07/21(火) 10:43:43.97

International Business Machines Corporation だな
似た分野でマイクロソフトやグーグルさんとか伸ばして来てるから
おすすめの記事