1 ムヒタ ★ 2020/07/23(木) 07:37:15.43

【シリコンバレー=佐藤浩実】米マイクロソフトが22日に発表した2020年4~6月期決算は売上高が前年同期比13%増の380億3300万ドル(約4兆780億円)だった。在宅勤務に伴うクラウドサービスの利用拡大で四半期ベースで最高を更新した。一方で純利益は15%減の112億200万ドル。直営店の撤退費用を計上し、10四半期ぶりの減益となった。

14四半期連続で2ケタの売り上げ成長を維持した。インターネットで演算能力を提供する「Azure(アジュール)」や協業アプリ「Teams(チームズ)」といったクラウド関連事業の売上高が30%増の143億ドルとなり、全体をけん引した。

自宅で過ごす人が多かったため、パソコン「サーフェス」の販売は28%伸び、ゲーム事業の売り上げも6割超増えた。広告が低調だった子会社リンクトインの伸び率は10%にとどまった。

一方で、純利益は17年10~12月期以来の減少に転じた。コロナ禍で世界に83あった直営店すべてを閉じると決め、4~6月期に約4億5千万ドルの撤退費用を計上したためだ。

4~6月期はマイクロソフトにとって第4四半期にあたり、20年6月期通期の売上高は前の期比14%増の1430億1500万ドル、純利益は同13%増の442億8100万ドルだった。クラウド関連事業の売上高が通期で初めて500億ドルを超えたという。

サティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)は「(顧客の)組織変革を支える、統合した技術を提供できる唯一の企業だ」と強調した。一方で22日朝には、競合サービスを手掛ける米スラック・テクノロジーズが「マイクロソフトは競争法に違反している」として欧州当局に苦情を申し立てている。
2020/7/23 6:23
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61884700T20C20A7000000/

6 名刺は切らしておりまして 2020/07/23(木) 09:29:23.26

>>5
物まねは日本企業も同じだが、投資のスケールとスピードが段違い。
日本企業もクラウドサービスをパクったけど、本家アメリカより少なく遅い展開では
勝てるはずがない。いまでは米企業の販売窓口だけだが、中途半端な自社開発をする
くらいなら、最初から販売店に徹したらいいのに。
実力の伴わないプライドだけ高いのが日本企業。

10 名刺は切らしておりまして 2020/07/23(木) 10:04:09.78

この掲示板にはDXから取り残されたみじめなおっさんしかいない

11 名刺は切らしておりまして 2020/07/23(木) 10:54:04.37

>>6
だからソニーのウォークマンはAppleのiPodにしてやられたんだよな
性能的にはウォークマンのほうが上だがAppleはそれを軽く踏み越えるレベルのサービス提供

13 名刺は切らしておりまして 2020/07/23(木) 11:41:37.58

>>11
ウォークマンは機械
iPodはファッション・アイテム

15 名刺は切らしておりまして 2020/07/23(木) 11:58:09.18

Officeの値段が高い

18 名刺は切らしておりまして 2020/07/23(木) 12:28:02.80

>>16
surface
おすすめの記事