1 へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/07/15(水) 14:33:03.96

新型コロナウイルス対策で「非接触」が注目を集める中、その実現に既存のセンサー技術を活用する動きが広がっている。電子部品大手のアルプスアルパインや液晶パネル大手のジャパンディスプレイ(JDI)は、触らずに操作するタッチパネルの活用先を広げる。多様なセンサーが普及すれば、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」市場の拡大につながる。

アルプスアルパインは、車載機器などで使われていた静電気を感知する既…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

2020/7/15 11:00
日本経済新聞 電子版
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61495250U0A710C2TJ1000/

3 名刺は切らしておりまして 2020/07/15(水) 14:45:08.94

アルプスアルパインは、車載機器などで使われていた静電気を感知する既存のセンサー技術を
活用し、触れずに操作できる公共施設向けのパネルを開発する。新型コロナの感染拡大を
受けて公共施設のトイレやエレベーターの操作に使いたいとの引き合いが増えているという。
2021年にも製品化する計画だ。

JDIはタッチパネルの開発で培ったセンサー技術を医療現場向けの製品に応用する。これまで
自動車向けを中心に開発していた、画面を触らずに操作できる非接触のディスプレーを
医療現場に売り込む。

手術用の医療機器や病院の受付機のタッチパネルなどを触れずに操作するといった感染防止の
需要を見込む。仲島義晴最高技術責任者(CTO)は「コロナ後の世界に向けて、技術の応用
可能性が広がる」と話す。

コロナ禍では人と人の接触機会を減らす必要もある。自動運転や自動配送の用途を見込んだ
センサーの需要も伸びる。注目を浴びるのがレーザーを対象物に照射して距離を測定する
3次元センサー「LiDAR(ライダー)」だ。

半導体大手のルネサスエレクトロニクスはカナダのスタートアップのレダーテックと組み
ライダーの量産を始めた。カナダで運行される自動走行のシャトルバスへの採用が決まり、
宅配や倉庫の運搬向けのロボットなどでの活用も見込む。

4 名刺は切らしておりまして 2020/07/15(水) 14:45:37.72

半導体を使うことで、装置をモーターで回転させながらレーザーを照射する従来のタイプに
比べて小型・省電力にでき、設置場所は広がる。ルネサスの真岡朋光執行役員はライダーに
ついて「非接触の需要が増え、自動運転以外にも用途が広がる」と期待する。カーナビ大手の
パイオニアも「人の位置を検知でき、室内の『3密』回避にも役立つ」とみて今秋からライダー
の量産を始める。

富士キメラ総研(東京・中央)が19年3月に出した予測では、センサーの世界市場規模は
22年度に7兆7009億円と18年度比で24%増える見通しだった。コロナ禍で非接触技術の需要が
高まり、普及ペースが速まる可能性もある。

TDKは21年3月期にセンサー関連製品の売上高が8~11%増える見通しだ。同社の石黒成直社長は
「様々な情報を活用していくデータ社会でセンサーの重要性は増す」と指摘している。

8 名刺は切らしておりまして 2020/07/15(水) 20:14:54.24

ハイジのパイパンか、、、!( ・`ω´・)

9 名刺は切らしておりまして 2020/07/15(水) 20:27:30.40

>>5
紙は選ぶけどサイコーだったよな

10 名刺は切らしておりまして 2020/07/25(土) 11:41:32.60

単3電池3つ入れて置いとく小さなセンサーライトが、センサーの前で普通のカーテンやアコーデオンカーテンを開け閉めして動かしても全く無反応なのに、人の足を前に出すとちゃんと点灯する
どういう仕組みのセンサー?
あんな安っぽい商品に体温感知するセンサーでも付いてんの?
おすすめの記事