1 へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/08/18(火) 12:46:32.71

立て子の戯言:実験的にロイター提供の前場値動きを定点観測する試みを行っています。
後場の動きに注目されている方々、及び市況板をヲチして楽しんでいる方々の手助けになれば幸いです。
もちろん中の人も大いに活用して下さいね。お漏らしは程々に。
株式前場値動きとスレタイにつけていますので、スレタイ検索でも活用していただければ幸いです。適宜、>>2辺りにその日の詳細も置いておきます。
スレタイ検索 株式前場値動き
http://download.co.jp/news/bizplus/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E5%89%8D%E5%A0%B4%E5%80%A4%E5%8B%95%E3%81%8D
昨日のGDP速報を受けて、市場は低調。為替も再び円高に振れてきていることから、全体的に堅調です。チャートから見ればまだ過熱サインが点灯しているようにも見えることから、積極的に上値を追う展開にはなりにくそう。
一方マザーズは大きく値を上げています。
後場はETF買い入れ観測の効果か、23000円に戻して再開しています。

[東京 18日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比124円32銭安の2万2972円43銭となり、続落した。方向感が定まらない中、利益確定売りが優勢となり、4営業日ぶりに2万3000円を割り込んだ。前場の東証1部の売買代金は前日に続いて7000億円台にとどまるなど商いも閑散だった。

17日の米国株式市場はまちまち。ダウ平均株価.DJIは86ドル安で引ける一方、ナスダック総合指数.IXICは終値で最高値を更新した。金融・工業株に売りが出る中、半導体大手エヌビディア(NVDA.O)などハイテク株は堅調だった。S&P総合500種指数.SPXも2月19日に付けた取引時間中の最高値に迫った。

一方、外為市場では、ドル/円が105円台後半まで円高に振れ、日本株の重しとなっている。全体的に方向感が定まらない中で、上値の重さが意識され、前週まで買われていた景気敏感株が利益確定売りに押された。半面、中小型株物色が活発化し、マザーズ指数は6月26日に付けた年初来高値1067.29を更新した。

市場では「全体的に動意の薄い展開となっている。8月前半に買われた景気敏感株の下げが目立つ一方、中小型株がにぎわうなど、物色面では二極化が目立ってきた」(野村証券・エクイティ・マーケットストラテジストの澤田麻希氏)との声が聞かれる。

TOPIXは0.45%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は7964億4100万円と前日に続いて商いは細っている。東証33業種では、鉱業、空運業、銀行業などの値下がりが目立ち、小売業、食料品など値上がりは8業種にとどまった。

個別では、東京エレクトロン(8035.T)はしっかりとなったものの、ソニー(6758.T)をはじめ輸出関連株にさえない銘柄が目立つ。ソフトバンクグループ(9984.T)や指数寄与度の大きいファーストリテイリング(9983.T)も軟調に推移した。

東証1部の騰落数は、値上がりが銘柄754、値下がりが1315銘柄、変わらずが93銘柄だった。

2020年8月18日 / 12:05
ロイター
https://jp.reuters.com/article/tokyo-stx-idJPKCN25E0A6

6 名刺は切らしておりまして 2020/08/18(火) 12:58:11.19

リーマンより酷いのに
リーマンの時より株価が高い
この異常な状態
いい加減株価に騙されるなよ

7 名刺は切らしておりまして 2020/08/18(火) 13:02:03.78

>>6
リーマンのとき激しい金融緩和で株高通貨安になったので、今回も同じになるとみてる人が多いってことだろ。

8 名刺は切らしておりまして 2020/08/18(火) 13:03:34.90

「前場下げれば買いますよフフフ」

11 名刺は切らしておりまして 2020/08/18(火) 13:21:31.41

民主党なら3000円切ってそうw

13 名刺は切らしておりまして 2020/08/18(火) 13:32:45.51

日経くらいなら日銀が支えられるよ
安倍さんになって意味ない指標になったね

14 へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/08/18(火) 14:04:34.78

続報

<13:30> 日経平均は2万3000円台回復、値ごろ感で買い戻し 日銀ETF買い観測も

後場の日経平均は下げ幅を縮小し、2万3000円台を回復した。現在前営業日比50円ほど安い2万3050円近辺での推移となっている。2万3000円を割り込んだため、値ごろ感のある銘柄を中心に買い戻しが入っているという見方に加えて、日銀のETF(上場投資信託)買いを行ったのではないかとの観測も出ている。

市場では「日経平均はこれまで心理的な節目として2万3000円が意識されてきた。きょうはその節目を下回ったことを受け、日銀がETFを買い入れた可能性がある」(運用会社)との声が出ていた。

前場のTOPIXは前営業日比0.45%安。市場ではTOPIXの前引け時の下落率が0.5%以上となった場合に日銀がETF買い入れに動くとみる向きが多いが、直近では7月9日、7月20日とTOPIXの下げ率が0.5%未満でもETF買いが入ったケースがある。

東証33業種では鉱業、空運業、銀行業などの20業種が値下がり。その他製品、小売業、食料品などの13業種は値上がりとなっている。東証1部の売買代金は1兆0641億8500万円と連日の薄商いとなっている。

おすすめの記事